MENU

嘘の申告だけは避けること

セゾンカードの申込時に自分の職業の情報を提出する必要があります。

 

どんな仕事をしているのかによって審査の合格のしやすさは少なからず変わってくるものがありますが、これはそれほど気にする必要がありません。

 

要するにしっかりと仕事をして収入を得ているかどうか、またそれがどのくらい継続されるのかなど、こうした部分が審査で判断されます。

 

一般的に普通に会社で仕事をしているなら何も心配する必要がありません。

 

この点が気になる人は仕事をしていない人やアルバイトなど、収入が不安定な仕事をしている人だと言えます。

 

こうした場合でも、嘘の申告をしてセゾンカードへ申し込むことだけは避けなければなりません。

 

在籍確認があるので嘘の申告から申込みをしても必ずそれはばれてしまうことを知っておきましょう。

 

セゾンカードへ嘘の情報から申し込むと、ばれてしまったときに信用を大きく失い、最悪以後のクレジットカードが申し込み不可になる場合もあるので大きなデメリットとなります。

無職とは定義が様々である

アルバイトやパートなど非正規雇用でもセゾンカードを持つことは可能です。

 

結局、返済能力がどの程度あるのかが重要なわけであり、人によってはアルバイトやパートで収入が不安定とはいえ、正社員として安定した収入を稼いでいる人よりも大きな収入を得ている人もいるわけです。無職の場合は少々話が変わってきますが、まず無職といっても定義は色々とあります。

 

無職の定義が無収入というなら、これはセゾンカードを持つことが難しくなりますが、無職でも内定が決まっている状態だったり、今から個人事業で仕事を始める状況など、将来において収入が見込める状況であればセゾンカードを持てる可能性があります。

 

本当に無職というのは人によってかなり様々な状況があるので、一概に絶対に無職はセゾンカードを持つことができないと断言することは難しいです。どのような状況にしても一度セゾンカードへ申し込めば結果を知ることができます。

このページの先頭へ