MENU

解約には2つの種類がある

セゾンカードを解約するとき、それは自分の意思で行うのかセゾンカード会社の判断で行うのか、これによってかなり内容が変わってきます。

 

要するに自分にとってセゾンカードを使うことがほとんどなく、他社でもっと良いカードを見つけた場合などは自らの意思で解約を行うわけですが、返済トラブルなどによって強制的に解約となるケースもあります。

 

これによって今後の将来において再びセゾンカードを再契約したいと思ったときにその難易度が変わってきます。

 

返済トラブルが強制解約された場合は信用が落ちているので、まず信用が回復しないと再契約することは結構難しいと言えます。

 

逆に特に何も問題点がない場合は簡単にできます。

 

この信用の低下というのは少し厄介なもので、セゾンカード以外のカードへ申し込む場合でもその影響が出てくることを知っておかなければなりません。

 

それだけ信用情報はとても重要なものとして扱われています。

 

カードは使わなければ意味がない

 

セゾンカードを持っても使わなければ本当に意味がなく、細かいところをいうなら使わないのにカードを持っていることはデメリットでもあります。

 

例えば、何かのカードへ申し込みをしたいときに今持っているカードの限度額が考慮されることがあります。

 

少しでも合格率を上げるなら使っていないカードは解約をして、必要と思うカードを契約することが大事です。

 

無駄にあれこれとたくさんのカードを保持しても、カードによっては維持費がかかるなどいくつかのデメリットがあることは知っておきたいポイントです。

 

もし、今はセゾンカードを使うことがないので契約を破棄して必要となった時に再契約をしようと考えているなら、その前にポイントなどはどうなるのかなど、しっかりとセゾンへ問い合わせをして確認しておきましょう。

 

いくらかのポイントが残っているのにそれを失効してしまうようなら使い切っておきたいものですし、とても勿体ないです。

このページの先頭へ